韓国言語研究学会との協定調印式を行いました。

6月17日(日)に開催されたJALP総会において、韓国言語研究学会(The Korean Association for Language Studies:KALS)と学術交流協定書を交わす調印式を行いました。

当日は、JALPから山川和彦会長が、KALSからYang Changyong氏が協定書に署名しました。KALSとの間では、すでにJALP会員が済州島でのKALS研究会で発表を行い、またJALP研究大会でKALS会員による研究発表が行われていますが、このたび、正式に学術交流協定書を交わすことにより、より一層の相互交流を深めていくことになりました。
2018 agreement photo for web

なお、KALSではJALP会員による研究発表(12月8日(土)済州島にて)ならびに学会誌への寄稿を歓迎くださるそうです(発表・執筆言語とも日本語・英語・韓国語のいずれか)。詳細はおって本学会ホームページおよびメーリングリストにてお知らせします。

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク