日本言語政策学会第26回研究大会特設ページ

事前参加申込の受付を開始しました(2024.5.13)

■参加費: 会員・大学院生1000円 非会員2000円 大学生無料
■申込方法:イベントプラットフォームのPeatixから事前にお申込みください(Peatixアカウントが必要となります)。
https://jalp26.peatix.com/

JALP第26回研究大会プログラム(表形式)を公開しました(PDF)(2024.5.13)

基調講演とシンポジウムの登壇者が決まりました(2024.3.15)

基調講演
 山脇啓造 (明治大学)

シンポジウム (50音順)
 岩城あすか(公益財団法人 箕面市国際交流協会)
 川中大輔 (龍谷大学)
 牲川波都季(関西学院大学)
 松原茂樹 (大阪大学)

ディスカッサント
 村岡英裕 (千葉大学)

司 会
 西山教行 (京都大学)

発表募集のお知らせ(2024.2.10) ※終了しました

大会概要(下記)を掲載しました(2024.2.7)

====================

日本言語政策学会第26回研究大会

日本言語政策学会では、第26回研究大会を2024年6月8日、9日の2日間の日程で開催いたします。昨年に続き第26回も対面で開催します。皆様のご参加と、研究発表の応募をお待ちしています。

大会テーマ:多文化共生のまちづくりと言語政策

■趣旨:「まち」には様々な人が住み、行き交い、集う。多文化共生のまちづくりのため、これまでに様々な施策がとられてきたが、その多くは多数派の言語や文化への統合を促すものであり、近年ますます多様化する社会で、隣人の言語・文化に関心を持ち、尊重し、意識を変容させることの重要性については十分に示唆されているとは言い難い。本大会ではそれを踏まえ、多言語・多文化を前提とした「まち」という空間において、言語政策の観点からよりよい共生のためのまちづくりを考える。

日程:2024年 6月8日(土)、9日(日)

■お問い合わせ:日本言語政策学会大会委員会(jalp.taikai@gmail.com