2011年度 第13回研究大会中止のお知らせ

2011年3月28日

会員各位

日本言語政策学会

会長 田中慎也

 

日本言語政策学会第13回全国大会開催中止の件(お知らせ)

今なお、余震や放射能汚染の社会的不安に脅かされる日々ですが、被災に遭われた会員の方々には心からお見舞い申し上げます。

さて、既にご連絡済みの年度計画であった本会の第13回全国大会(6月25日(土)26日(日)東京国際大学川越キャンパスにて開催予定)は、下記の理由により開催中止とさせていただくことになりました。

 

中止理由

川越市は計画停電の対象地区であり、東京国際大学もその範囲に含まれていること、計画停電の波及効果として交通手段の不確実性から、パネリストの遅刻や不参加、そして参加者自体の精度の高い交通手段の保障が出来ないこと、節電による会場校施設利用の制限・縮小等も考慮しなければならない事、今後しばらくは余震に対する備えが必要な事、放射能汚染の拡大による不測の事態発生への備えも必要な事等を考慮し、さらに大会開催には会員以外の多くの方々のご助力、ご支援も頂くことになりますが、これらの方々の安全・安心も担保するのが学会の社会的責務かと考え、関係各位と御諮り致しました結果、6月25日、26日開催予定の第13回全国大会は中止することに決定いたしました。

今後、準備に取り掛かっておられた関係の諸先生方の労を無にしないよう、今後の新たな計画に向かって歩みを進めて参りたいと思っております。

また会員の皆様におかれましても一層の御健勝の程お祈り申し上げます。

 

 

 

 

カテゴリー: JALP大会・研究会 パーマリンク