2013年度研究大会プログラム

日本言語政策学会(JALP)第15回記念大会案内

日時:2013年 6月1日(土)~2日(日)

場所:桜美林大学(東京・町田市)(http://www.obirin.ac.jp/access/machida/index.html)

参加費(予稿集)会員:500円 一般:1000円

大会テーマ: 「言語政策研究の過去・現在・未来」

言語政策学会の第15回記念大会に際し、日本の言語政策研究がこれまでどのように行われてきたかを概観し、現在の問題点を言語計画の席次計画・実体計画・普及計画などの視点から抽出し、今後はどうなるか・どうすべきかを展望する。第一日目に基調パネルディスカッションと全体シンポジウムで、過去・現在そして現在・未来を概観し、第二日目に、5つの分科会で、問題解決や今後の展望として、どのようなアクションを起こせるか具体的に検討する。

____________________________________________________________

6月1日(土)12:00~受付開始 明々館408号室前

基調パネルディスカッション 13:15-14:50

「日本の言語政策研究の誕生から現在まで」

発言者:

田中慎也 (JALP前会長)

大谷泰照(JALP前理事)

発言者兼司会  森住  衛(JALP会長)

 

全体シンポジウム 15:00-17:00

「日本の言語政策研究の現在から未来」

提案者:

横田雅弘(異文化間教育:明治大学)

西口光一 (日本語教育:大阪大学)

宮島  喬 (移民政策:法政大学)

提案者兼司会  西山教行(言語政策:京都大学)

懇親会 17:30-19:00

________

6月2日(日)  9:00 受付開始 明々館408号室前

午前 一般発表 (13本)   9:30-11:30 一部手話通訳あり

総会 13:00-13:30

午後 分科会  13:40-15:40

第1分科会 日本の外国語教育政策(杉谷眞佐子、古石篤子、臼山利信、水口景子、福田浩子)

第2分科会 障害とコミュニケーション(佐々木倫子、あべやすし、川島清、木村哲也)*

第3分科会 言語権と格差(杉野俊子、河原俊昭、原 隆幸、柿原武史)

第4分科会 メディアと言語政策(岡本能里子、門倉正美、下村健一)

第5分科会 観光と言語 (山川和彦、藤井久美子 他)

分科会総括  15:50-17:00  (宮崎里司、細谷美代子)           *手話通訳あり

________

*個人研究発表に関する情報は詳細が分かり次第、掲載いたします。

 

カテゴリー: JALP大会・研究会 パーマリンク