日本言語政策学会第17回大会(2015) プログラム(予定)

日本言語政策学会第17回大会プログラム  2015.6.6-7

大会テーマ: 「多言語社会の中の少数派の言語権」

 

第1日目 6月6日(土)

基調講演1 新会長、テーマ(未定)

基調講演2 比嘉光龍(ふぃじゃ ばいろん)琉球言語研究、テーマ(未定)

シンポジウム

  • 発表1:濱嶋聡(名古屋外語大学) 発表関連分野:オーストラリアアボリジニ
  • 発表2:李 守(昭和女子大学)発表関連分野:中国吉林省延辺朝鮮語族
  • 発表3:柿原武史(南山大学)発表関連分野:スペインガリシア語研究

ディスカッション・コーディネータ‐ 杉野俊子(工学院大学)
17:40-19:30 懇親会(懇親会会場)

____________________________________________________

第2日目 6月7日(日) 

09:30-          受付開始

10:00-11:30    一般研究発表

11:30―13:00 ポスター発表

13:30-17:20    分科会

13:30-15:20 第1分科会「在住外国人の学習権」

司会 宮崎里司(早稲田大学)

15:30-17:20 第4分科会「観光と言語」

司会 山川和彦(麗澤大学)

13:30-15:20 第2分科会「日本の外国語教育政策」

司会 上村圭介(大東文化大学)、臼山利信(筑波大学)

15:30-17:20 第3分科会「マルチ・リタラシーと言語教育政策」

司会 岡本能里子(東京国際大学)、佐々木倫子(桜美林大学)

 

 

 

カテゴリー: JALP大会・研究会 パーマリンク